携帯電話用外部リンク

周知協力は1日1クリック

目次


メディアリテラシー


情報操作は大前提


メディアの腐敗構造


代表的報道問題例

椿TV朝日報道局長の発言内容

報道されぬ事件・問題

外国人参政権をめぐる報道されぬ国会映像

311震災関連項


宗教とメディア


各メディアごとの事例

  テレビの、これから

人・企業と報道問題


対外報道問題

石川県沖で日本漁船と中国貨物船が衝突、報道が不自然に寡少
中国の指示でNHK拘束を隠蔽

海外メディア


ネット上の挑戦者

行動の参考に


【このページの閲覧者】
総数 -
昨日 -
今日 -

アクセストップ10



QRコード

姉妹WIKI



編集&情報管理に

翻訳・辞書リンク集
英語以外もわりとOK。
国内メディアとの比較に
国別ドメイン一覧
URLからのメディアの国籍割り出しに

ウェブ魚拓
株式会社アフィリティーが 2006年より運営している ウェブページを保存・引用するためのツール。
ネット上のデータは削除や修正が行われる場合もあるので、元データのキャッシュ「魚拓」をとって利用しています。たまに保存できないページもありますが、簡単に利用できるので、情報管理にお勧めです。
また、すでにだれかが取得済みの魚拓を取得しようとすると同URLの魚拓一覧が表示されます。 現時点で消えてしまったページも同様にURLを入力すれば、誰かが魚拓をとっていれば閲覧可能です。
また魚拓内に保存されているサイトを調べる方法例は例えば、はてな日記でWeb魚拓にキャッシュされている日記を調べる場合Googleで「d.hatena.ne.jp」&
「site:megalodon.jp/」などと検索すればよい。

「丸ごと」で魚拓取得できないサイトは「引用」する事もできますが、記事名を検索し、goo,livedoor等のポータルサイトでニュース配信されているページの魚拓を取得するのも手です。

また最近消えたサイトはGOOGLEのキャッシュには残っているかもしれません。

魚拓関連サービス10選





ここを編集

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

毎日新聞 目次


毎日WaiWai問題

毎日新聞が英語版サイト「Mainichi DailyNews」のコーナー「Wai Wai」で、外国人記者の暴走と部署責任者(現社長)の放任により 多年にわたり日本人に対する極端な侮辱や猥褻記事を英語で全世界に配信 していた問題。

5大紙である毎日がこのような記事を配信していた事実そのものが信じがたく、当初ネット上においても毎日への誹謗中傷、流言のたぐいと無視される事も多かったですが、実際の記事の集積や検証にもとづく問題提起が進み、毎日が謝罪文を出すまでなりました。

謝罪においても外国人記者及び担当部門責任者の隠蔽が行われ、その上 担当部門責任者が社長に昇格 するなど、毎日新聞社の対応のまずさも加わり、ネット上では大騒動は収まらず、不買運動やスポンサー離れなどがおこりました。

しかし、 にわかに信じがたい「変態記事」の内容の極端さ低俗さ と、記事が英語版であったことにより、一般の日本人がこれを把握するのは困難だった上、マスコミ同士の庇いあいにより事の重要性に反し報道は少なく、今でもインターネット経由でしかこの問題は知られていません。

今も毎日新聞社長は「Wai Wai」担当部門の責任者であった朝比奈豊氏のままです。



「変態記事」一例

「小汚いパンティをはき続けるギャルから悪臭が立ちこめる」Reek rises as gals stick with stinky panties(2001年6月20日配信)
「ファストフードは女子生徒たちを性の激しい過食状態におとしいれる」Fast food sends schoolgirls into sexual feeding frenzy(2002年6月19日配信)
「看護婦のトンでもない生活」Nothing trivial about livelihood of nurses(2003年3月14日配信)
「日本は増加するナイジェリア人たちの『楽園』となりつつある」Japan becoming 'paradise' to growing numbers of Nigerians(2005年12月17日配信)
「日本の新しい国民的娯楽?パンティのぞき見」Japan's new national pastime? Panty peeking (2006年5月31日配信)
「風俗で働き、汚れていく教師たち」Teachers come not-so-clean on their sexy moonlighting jobs (2006年9月16日配信)

毎日新聞社HPでの公式謝罪では具体的な記事内容にはほとんど触れられていません
謝罪文『「古くから伝わる米の祭りでは、お肌に効果がある洗顔クリームが評判を呼んでいる」というタイトルで日本の伝統的な祭りを性的な話題に結びつけたもの(05年12月)』
実際 「福岡の米祭りは、顔にベトベトの白い液体を塗るため、AV業界が「顔射」と呼ぶものによく似ている」
謝罪文『防衛政策を美少女キャラクターが登場する漫画で紹介しているという月刊誌記事を07年7月に取り上げた際、導入部の防衛省の説明に「真珠湾攻撃と南京大虐殺で世界に名を知らしめた政府省庁の後継」と加筆したケース』
実際 「南京大虐殺の後継者の日本政府は、小児性愛者向けの漫画を使ってオタクを自衛隊にひきつけようとしている」



毎日新聞社HPでの公式謝罪


英文サイト問題の経緯
2008年7月20日
 ◇不適切記事 雑誌など翻訳
 「WaiWai」コラム記事は、MDNサイト上では01年4月から08年6月まで、原則として毎日、計2561本掲載された。

 毎週金曜日に掲載された関連コラム「The Face」346本と合わせると、計2907本になる。

 元の記事は、月刊誌、一般週刊誌、写真週刊誌、男性向け週刊誌、女性向け週刊誌、夕刊紙で約30種。

 掲載した原稿は基本的に、雑誌名を示し、表紙の写真を付した上で、導入部で記事全体を要約し、第2段落以降で元の記事を紹介するというスタイルを取っていた。原稿は1本あたり600語程度で、うち6~8割が転載だった。

 掲載された記事には「料理、獣、悪徳とその愛好者」というタイトルで異常な性的嗜好(しこう)の話を取り上げたもの(07年9月)や、 「古くから伝わる米の祭りでは、お肌に効果がある洗顔クリームが評判を呼んでいる」 というタイトルで日本の伝統的な祭りを性的な話題に結びつけたもの(05年12月)などが含まれていた。エクアドルやベラルーシなど外国で日本人観光客が違法ツアーに参加しているという記事(03年7月)もあった。いずれも事実の裏付けもないまま翻訳して記事化していた。

 未成年者の性に関する記事などを不適切に取り上げたり、翻訳元に掲載されている数字を算出根拠などを明確にせずに使用して誤解を招いたり、数人の女性のコメントから成り立っている雑誌の記事を「日本人女性の間で増えている」といった表現で一般化するケースも確認した。

 また、 防衛政策を美少女キャラクターが登場する漫画で紹介しているという月刊誌記事を07年7月に取り上げた際、導入部の防衛省の説明に「真珠湾攻撃と南京大虐殺で世界に名を知らしめた政府省庁の後継」と加筆 したケースがあった。担当記者は「美少女とのギャップを浮かび上がらせるために書いた」と語った。

 著作物の翻訳や要約については、現在、発行元の出版社と対応を協議している。

 ◇遅れた削除、閉鎖

 今年5月下旬、ネット上の掲示板に、「WaiWai」に関するスレッド(特定の話題に関する投稿集)が立ち、「内容が低俗」「日本人が海外で誤解される」といった批判が寄せられた。

 また、同30日には、「WaiWai」に取り上げられた記事をめぐり、翻訳転載された月刊誌から抗議があった。

 高橋弘司編集部長は担当記者に確認の上、同31日に批判を受けている記事を削除し、不適切な記事が多いと考え、過去記事が閲覧できないようにする措置を講じた。その後、6月2日に雑誌編集部に謝罪した。

 ただ、「WaiWai」の掲載は、毎日新聞社の週刊誌「サンデー毎日」の記事を使って継続。高橋は「紙の時代から続く名物コラムだったので、定着読者がいるという認識があり、なかなかなくすという判断をできなかった」と説明する。

 上司である長谷川篤デジタルメディア局長(当時)は「6月2日に正式な報告があり、(WaiWaiに対して)苦情が来ていることを知った。WaiWaiのことはその時まで気に留めたことはなかった」と述べた。また、磯野彰彦デジタルメディア局次長(当時)も「5月中に高橋から報告を受けた記憶はあるが、重大なことだという認識がなかった」と話す。

 この後、6月20日にネット上のニュースサイトが「WaiWai」をめぐる問題を取り上げた。デジタルメディア局は21日に「WaiWai」を閉鎖。23日に不適切な内容だったことを認める文章をMDNと日本語サイト「毎日jp」の両方に掲載した。さらに、毎日新聞とサイト上で同25日に「おわび」を、同28日には、担当記者らの処分と問題の経緯を掲載した。処分では、役員2人も対象とした。

 毎日新聞社は、了解を得ずに利用した出版社やエクアドル、ベラルーシ両大使館など迷惑をかけた関係者には説明と謝罪を続けている。

 おことわり

 「WaiWai」の掲載内容については、事実関係が不確かなうえ、読者に不快感を与えるだけでなく、雑誌発行元の出版社や記事中の関係者にご迷惑をお掛けすることになるので、詳細な説明は控えさせていただきます。

検索エンジンに反応―― 「メタタグ」に41語
 ◇外国人スタッフが指定 上司は把握せず

  MDNサイトの全ページに、検索エンジンに反応しやすいようプログラムに埋め込む「メタタグ」のキーワードが41語登録されていた。その中に「hentai(ヘンタイ)」「geisha(ゲイシャ)」「japanese girls(ジャパニーズガールズ)」という単語もあった。

 MDNの外国人スタッフが昨年8月、これらの単語をキーワードに指定して技術スタッフに伝えたメールが残っている。昨年10月の毎日新聞サイトのリニューアルに伴うものだった。この外国人スタッフは「忙しかったのでよく覚えていないが、私がつけたと思う」と証言。メタタグについても、担当者のみでやり取りがなされ、上司は把握していなかった。この外国人スタッフによると、「hentai」はここ5年ぐらい、英語圏ではアダルト系漫画・アニメを指す英単語として浸透していると解釈していた。

 また、毎日新聞の日本語サイトでは、コーナーごとに内容に応じた違うキーワードを付けているが、MDNサイトはニュースも「WaiWai」も、全コーナーのキーワードが同じだった。

 現在は、これら問題のあるキーワードは削除している。

◆WaiWai問題の経緯◆

89年10月    毎日デイリーニューズ(MDN)で、「WaiWai」の連載開始
96年10月    担当記者の試用期間開始(97年10月から特別嘱託記者)
01年 3月    MDNが休刊
    4月    MDNがウェブサイト上で再スタート、WaiWaiも再開
05年 4月    担当記者がMDN編集長に
07年10月    米国在住の読者からWaiWaiを批判するメール(英語)
08年 3月    国内の読者からWaiWaiを批判するメール(日本語)
    5月30日 月刊誌から記事の使用について抗議
     同31日 WaiWaiの一部記事を削除
    6月20日 ニュースサイトがWaiWaiの問題を取り上げる
     同21日 WaiWaiを閉鎖
     同23日 サイト上に経過説明とおわびを掲載
     同25日 本紙に経過説明とおわびを掲載
     同27日 担当記者を休職3カ月の懲戒処分。上司ら関係者も処分
     同28日 本紙に問題の経緯を掲載
毎日新聞社


関連サイト

謝罪文でも隠蔽されている様々な問題 や変態記事の具体的内容がネット上でまとめられています。

毎日新聞問題の情報集積wiki
http://www8.atwiki.jp/mainichi-matome/

毎日新聞の英語版サイトがひどすぎる まとめ@wiki
http://www9.atwiki.jp/mainichiwaiwai/

佐々木俊尚 ジャーナリストの視点 2008/08/05 14:14
毎日新聞社内で何が起きているのか
(上)
http://japan.cnet.com/blog/sasaki/2008/08/05/entry_27012752/
(下)
http://japan.cnet.com/blog/sasaki/2008/08/11/entry_27012908/



最新版毎日新聞社 役員一覧 6/25


  • 代表取締役会長(社長)☆北村 正任 ← 6/25株主総会にて再任。普通の企業ならありえない。
  • 代表取締役社長 ☆ 朝比奈 豊 ← 一連の事件の当事者。「厳重な処罰」のはずが、なんと社長に昇進!
  • 取締役副社長 ☆観堂 義憲
  • 専務取締役 ☆長崎 和夫
  • 専務取締役 ☆三島 誠
  • 常務取締役 ☆渡辺 良行
  • 常務取締役 ☆高梨 一夫
  • 常務取締役 ☆菊池 哲郎
  • 取締役 ☆田中 青史
  • 取締役 ☆山崎 一夫
  • 取締役 ☆伊藤 芳明
  • 取締役 ☆羽田 恒夫
  • 取締役 ☆長谷川 篤 (一連の事件の当事者)
  • 取締役 ☆常田 照雄
  • 取締役 ☆井上 弘 ← TBS社長。彼の発言。「日本人はバカばかりだから、我々テレビ人が指導監督してやっとるんです」「社会を支配してるのはテレビ。これからは私が日本を支配するわけです」。
  • 取締役 ☆山本 雅弘


毎日新聞東京本社と朝鮮日報社 特派員室は同一住所


朝鮮日報  〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1 4F http://s01.megalodon.jp/2008-1219-0316-05/www.mindan.org/sibu/sibu_sanka2.php
毎日新聞東京本社 〒100-8051 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 http://www.mainichi.co.jp/annuncio/gaiyo.html
3階に(株)朝鮮日報社 特派員室 http://www.mai-b.co.jp/palaceside/floor/office.html

その他日本の主要メディアで同様な問題が 詳細は韓国の項で



押し紙問題

新聞の部数偽装 毎日が販売店に逆ギレ、「偽装部数」分含む1170万円払え、と反訴

新聞の「偽装部数」の裏場面。新聞社が販売店にノルマとして押し売りした新聞(押し紙)を回収する。紙面広告の掲載料金は、「偽装部数」でバブル化している可能性がある。コンテナ型のトラックを使って、新聞を隠す。

毎日新聞の元店主が毎日新聞社に対して提起した「偽装部数」裁判に対して、11月4日、毎日新聞社側が元店主に対して約1170万円の新聞代金の支払いを求める反訴を提起していたことが分かった。請求額には多額の「偽装部数」代金が含まれていることから、偽装を正当化しようとする不当なものだ。そこには「偽装紙」でABC部数をかさ上げし、紙面広告の収入増でいわく付きの収益を得ていることへの言及はない。

後略、以後は引用元mynewsjapan


政治的偏向

毎日新聞、論評を通し政権交代で500億円を新聞社に国家支援すべしと掲載

毎日新聞 2009年8月24日 より抜粋
欧米の政策を参考にした税制上の優遇や、教育文化政策の一環として、ジャーナリズムの社会的な重要性を学ぶためのカリキュラムを強化したり、義務教育が修了する15歳を機に 新聞の1年間無料配布を検討してもいい。年500億円で足りよう。

 新政権をはじめ各党は、社会政策としてメディアのあり方を考える担当を設けたらどうか。新聞界も、経営合理化の徹底や紙資源の保護を含む販売面の刷新、調査報道の充実、取材報道倫理の向上など、新聞が民主主義社会に不可欠な存在であることを証明する努力がもっと必要だ。
http://s03.megalodon.jp/2009-0824-1629-34/mainichi.jp/select/wadai/news/20090824ddm012040004000c.html


ダボス会議の麻生首相演説 日本の経済対策「約75兆円」を「約75億円」と報道

1月31日 毎日新聞はダボス会議の麻生首相演説の全文をネットで配信。ところがその中で
日本の経済対策「約75兆円」を「約75億円」と報道。

これに気づいた者が2chで報告。さらにニュース速報板にスレッドが立ちネット上で以下のような憶測が。
(別サイトに保管された2chスレッドのくす牧場
  • 総理の失言をさんざん叩く報道をしていた上、外務省HPとほとんど同じ文面だけに「単純ミス」とは考えにくい。
  • 仮にミスだとしても額が額だけに大きな問題ではないか。
  • 毎日新聞ふくめ政府の「約75兆円の経済対策」や「その内容」を報道してこないでその一部の2兆円の定額給付金に執着してきただけに、何か意図があるのではないか。

そしてスレッドが立ちネット上でこの事が流布し始めるといつの間にか毎日新聞は「約75億円」を「約75兆円」に修正。
(訂正の説明や謝罪など一切なし。)


ダボス会議における麻生総理大臣特別講演「私の処方箋 ~世界経済復活に向けて~」


(日本の経済対策)
そのため、私は事業規模で 約75兆円 (8,400億ドル相当)の景気対策を決断しました。財政措置だけで約12兆円(1,350億ドル相当)、
日本のGDPの約2%に相当します。金利をゼロ近くまで下げても民間資金が設備投資に向かわない状態では、政府の財政出動が必要です。
これは我々が1990年代のアジアの通貨危機から学んだものです。異常な事態には異例な対応をもって当たる。日本の90年代の経験です。

同部分、毎日新聞は「約75兆円」を「約75億円」と報道


(日本の経済対策)
そのため、私は事業規模で 約75億円 (8400ドル相当)の景気対策を決断しました。財政措置だけで約12兆円(1350億ドル相当)、
日本のGDP(国内総生産)の約2%に相当します。金利を下げても民間資金が投資に向かわない状態では、政府の財政出動が必要です。
98年のアジア通貨危機に学んだことです。異常な事態には異例な対応をもって当たる。我々の経験です。


ジャーナリストに「有権者のホンネ」を代弁させ政権交代を煽る

特集ワイド:オバサン3人、またまた 自民「リリーフ」やめて/民主はやってみないと

衆院選を前に高まる、自民・民主両党の対決ムード。17日には「首相の孫」2人による2回目の党首討論もあった。気になるのは、世論調査では読み切れない有権者のホンネ。やはりここは、物事の本質を見抜いてズバッと言い放つ“オバサン”の力を借りたい。(続きは下記URLで)
毎日新聞 2009年6月18日 東京夕刊
http://megalodon.jp/2009-0618-2003-51/mainichi.jp/select/seiji/news/20090618dde012010010000c.html
 ◇山田美保子さん・石川結貴さん・江川紹子さん
■人物略歴
 ◇えがわ・しょうこ
  ジャーナリスト 。1958年、東京都生まれ。著書に「人を助ける仕事」など。
 ◇いしかわ・ゆうき
 作家。1961年、静岡県生まれ。著書に「家族は孤独でできている」など。
 ◇やまだ・みほこ
  放送作家 。1957年、東京都生まれ。 テレビのコメンテーターなど、幅広く活躍。


創価学会・池田大作との癒着

経営危機の後、収入源として聖教新聞の印刷を一部請け負うようになったため、
創価学会関連の記事や広告が比較的多く、また創価学会幹部の発言がコラムや対談記事と
して掲載されることがある。そのため特定の宗教団体を巡る記事を掲載するに際して、
編集の独立性に対する萎縮的効果を生じているのではないかという指摘がある
詳細は創価学会のメディア支配の項

聖教新聞創刊60周年を祝賀 「無冠の友」の像を除幕 毎日新聞社が寄贈

 聖教新聞創刊60周年を祝賀し、ブロンズ像「無冠の友」が9日、本社前庭に除幕された。 像は毎日新聞社から寄贈されたもので、彫刻家の丸山幸一氏が制作に当たった。 除幕式には、 毎日新聞社の朝比奈豊社長、観堂義憲副社長 、東日印刷㈱の取違孝昭社長、㈱高速オフセットの奥田千代太郎社長が、原田会長、本社の原田代表理事らとともに列席した。
2011年 5月10日 聖教新聞 より引用
http://www.seikyoonline.jp/news/headline/2011/05/1195842_2465.html
http://megalodon.jp/2011-0510-1523-50/www.seikyoonline.jp/news/headline/2011/05/1195842_2465.html


署名記事

「毎日新聞は責任ある言論のため、すべての記事に署名を入れています。」
http://www.mainichi.co.jp/osaka/wakaru/shomei/index.html

他紙では署名の無い記事がほとんどであり、この点では毎日新聞が評価されます。


関連サイト

(↓自動検索による外部リンクリストです。)






※以下広告



| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー