携帯電話用外部リンク

周知協力は1日1クリック

目次


メディアリテラシー


情報操作は大前提


メディアの腐敗構造


代表的報道問題例

椿TV朝日報道局長の発言内容

報道されぬ事件・問題

外国人参政権をめぐる報道されぬ国会映像

311震災関連項


宗教とメディア


各メディアごとの事例

  テレビの、これから

人・企業と報道問題


対外報道問題

石川県沖で日本漁船と中国貨物船が衝突、報道が不自然に寡少
中国の指示でNHK拘束を隠蔽

海外メディア


ネット上の挑戦者

行動の参考に


【このページの閲覧者】
総数 -
昨日 -
今日 -

アクセストップ10



QRコード

姉妹WIKI



編集&情報管理に

翻訳・辞書リンク集
英語以外もわりとOK。
国内メディアとの比較に
国別ドメイン一覧
URLからのメディアの国籍割り出しに

ウェブ魚拓
株式会社アフィリティーが 2006年より運営している ウェブページを保存・引用するためのツール。
ネット上のデータは削除や修正が行われる場合もあるので、元データのキャッシュ「魚拓」をとって利用しています。たまに保存できないページもありますが、簡単に利用できるので、情報管理にお勧めです。
また、すでにだれかが取得済みの魚拓を取得しようとすると同URLの魚拓一覧が表示されます。 現時点で消えてしまったページも同様にURLを入力すれば、誰かが魚拓をとっていれば閲覧可能です。
また魚拓内に保存されているサイトを調べる方法例は例えば、はてな日記でWeb魚拓にキャッシュされている日記を調べる場合Googleで「d.hatena.ne.jp」&
「site:megalodon.jp/」などと検索すればよい。

「丸ごと」で魚拓取得できないサイトは「引用」する事もできますが、記事名を検索し、goo,livedoor等のポータルサイトでニュース配信されているページの魚拓を取得するのも手です。

また最近消えたサイトはGOOGLEのキャッシュには残っているかもしれません。

魚拓関連サービス10選





ここを編集

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

広告代理店・電通  目次

電通とNHK


NHKには番組制作の子会社としてNHKエンタープライズなどがありますが
これら子会社はNHKからの出向者が多いため、NHKの役員・職員の天下り先になっているという批判も多いですが
総合ビジョンのように電通との癒着の温床になっている例もあります。

NHK
↓資金 天下り

NHKエンタープライズ

↓資金 天下り            ↑キックバック疑惑

総合ビジョン
(NHKエンタープライズと電通の共同出資によって設立され、NHKと電通の両企業グループに属す)
代表取締役社長 薄井 正人
代表取締役専務 中村 重喜
取締役 横尾 堅示 アニメ事業センター長
取締役 浅田 真治 総務部長
取締役 (非常勤) 小野 直路 (株)NHKエンタープライズ代表取締役社長
取締役 (非常勤) 茂手木 秀樹 (株)NHKエンタープライズ執行役員
取締役 (非常勤) 松下 康 ㈱電通 取締役専務執行役員
取締役 (非常勤) 服部 洋 (株)電通 テレビ&エンタテインメント局 エンタテインメント事業室長
監査役 (非常勤) 赤塚 昇 (株)みずほコーポレート銀行 執行役員営業第十八部長
http://backupurl.com/rqlsyy


スポンサー・広告代理店タブー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』報道におけるタブー
スポンサーからの広告収入によって事業が成立している民放では、広告媒体として視聴者のレスポンス、消費意欲を損ね得る番組内容は実現し難いのが通例である。

2008年6月1日放送の『新ニッポン人』(テレビ東京)において司会者久米宏は「民放というのは、物が売れない、人々が物を買わない、という番組は非常に難しいんですよね。よくこの番組ができたと思います」と述べた。また、CMを軽視する発言をした乱一世が一時的に番組降板になった例がある。

同じ理由で、マスメディア、特に民間放送や新聞に対して大きな影響力を持っている大口スポンサーや広告代理店の不祥事や雇用環境の問題など、不利な報道を行うことは巨額のCM・広告収入を途絶えさせる事であり、死活問題につながる。但し、いわゆる中小企業や民間放送への影響の小さい企業はこの限りではない[1]。

^1 例えば、2000年、2004年と二度に渡るリコール隠し事件が大々的に報道された三菱自動車は事件以前、政治力の強くない広告代理店に広告を任せていたこと、国土交通省からの天下りを拒否していたこと、冠番組を持たないことが要因となってそれらの事件が大きく取り上げられたと一部では言われている。"あの自動車会社の大事件が報道されない本当の理由(後編)". ポチは見た!〜マスコミの嘘と裏〜. 2008-09-24 閲覧。。また朝日新聞社は2006年4月に偽装請負摘発のキャンペーンを打った事で、多数の派遣工を送らせているキヤノン・パナソニック両社から、以後6か月にわたって広告を引き揚げられる嫌がらせを受けている。グッドウィル・グループの不祥事については、テレビや新聞のうち毎日・朝日は大々的に報じたが、日経・読売・産経は記事が控えめになるなど、新聞社によって温度差が生じていた。メディアは今何を問われているか―「アキバ事件につづく八王子事件の衝撃」所収「解決と希望の方向を示せるか」桂敬一、News for the People in Japan。

税金で政党CM自民・民主とも100億円超電通・博報堂が受注トップ政府広報も独占

2007年6月2日(土)「しんぶん赤旗」
「政府広報」を二社で六割近く、ほぼ独占的に受注している「電通」(東京・港区)と「博報堂」(同)が、国民の税金である政党助成金を使った自民、民主両党の「宣伝事業」も多額に請け負っていることが、一日、わかりました。


電通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』電通
社員に政財界・芸能界等の有力者子弟が多いことから、就職活動の場では、コネ通と揶揄されている。
いわゆる「やらせ」が発覚した内閣府主催のタウンミーティングを2001年、2002年、2003年に請け負っていた。
自民党の広報活動にかかわっていることでも有名である。
報道におけるタブー#広告代理店タブーは企業としてのメディアの公正な行動を妨害しており、電通が直接関与する不祥事が起こってもメディアに取り上げられることはなく、公益にかなう社会的自浄作用が失われているという批判がある。
2005年、公正取引委員会が調査を開始し、調査報告書において電通の広告業界における寡占化の進行の事実を指摘した上で「公平性、透明性の確保が必要」と結論づけた。(『増補版 電通の正体 マスコミ最大のタブー』)

経済企画庁総合計画局長も電通顧問に天下り
「韓流」やホワイトバンドも電通のプロモーションという見方がある。


戦略十訓

1970年代に電通PRが以下の戦略十訓を提唱していた。この十訓は現在では使われなくなっている。 元のアイデアはヴァンス・パッカード著『浪費をつくり出す人々』(1960年)といわれる。

  1. もっと使わせろ
  2. 捨てさせろ
  3. 無駄使いさせろ
  4. 季節を忘れさせろ
  5. 贈り物をさせろ
  6. 組み合わせで買わせろ
  7. きっかけを投じろ
  8. 流行遅れにさせろ
  9. 気安く買わせろ
  10. 混乱をつくり出せ

電通スタッフとホワイトバンドの関係


電通 インターネット上の風評被害対応コンサルティングで4社連携「ネット風評被害バスタ-ズ」



電通の大株主の状況

大株主(上位10名・2011年3月31日現在)
     株主名 所有株式数(株) 割合 (%)
1 (社)共同通信社 20,488,800 7.37
2 (株)時事通信社 18,748,680 6.74
3 日本マスタートラスト信託銀行(株)信託口 17,356,500 6.24
4 日本トラスティ・サービス信託銀行(株)信託口 9,810,200 3.53
5 電通グループ従業員持株会 8,381,378 3.01
6 (株)みずほコーポレート銀行 7,930,216 2.85
7 (財)吉田秀雄記念事業財団 4,984,808 1.79
8 株式会社リクルート 4,929,900 1.77
9 株式会社TBSテレビ 4,000,000 1.44
10 日本生命保険相互会社 3,873,700 1.39

<所有者別構成比>

以上電通公式HPより引用
http://www.dentsu.co.jp/ir/shares/gaiyou.html

  • 電通は通信社[時事通信・共同通信]と株式の持合をやっている。
  • 割合は少ないが、TBSと資本関係にある。
  • 外国法人・個人、あわせた外国人株式所有割合は約14%


関連資料

2011.06.30 コーポレート・ガバナンス報告書 (電通HPへリンク)(327Kbyte)
http://www.dentsu.co.jp/csr/pdf/governance_2011.pdf

2008電通コーポレート・ガバナンス報告書 [PDF] (※本WIKIでのコピー保存版)(386Kbyte)
http://www15.atwiki.jp/houdou?cmd=upload&act=open&pageid=27&file=governance_2008.pdf




会長 成田豊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用
成田 豊(なりた ゆたか、1929年9月19日 - ) は大手広告代理店、電通グループの会長。電通の最高顧問も務める。長年にわたり電通のトップに君臨したことから、電通の天皇とも呼ばれる。

1993年に社長に就任。 社団法人・日本広告業協会の会長も務め、名実共に日本広告界のトップである。 この他にTBSの役員なども務めていた。 2002年日韓ワールドカップの取り仕切りや、中国進出など電通の日本国外への積極進出を進めてきた。 「日韓友情年2005」実行委員会では副委員長を務め、2007「日中文化・スポーツ交流年」実行委員会でも副委員長を務めた。 「日韓友情年2005」のサイト内にて、 「私は中学3年までソウルで生まれ育った為、子ども時代のふるさととして思い浮かんで来るのは韓国の風景である」という旨の記述をしている。

消費者金融大手武富士の武井保雄会長とは親交があり、武富士の不祥事を追及するジャーナリストへの盗聴疑惑問題の際、武井会長の依頼で電通第三マーケティング・プロモーション局次長をメディア対策のために出向させ、批判を浴びた。

インタビュー 中国・アジア市場の夢
インタビュアー:『月刊中国NEWS』 編集長 張一帆 LONG-NET.COM



「韓日の架け橋役30年、電通の成田豊最高顧問」 [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版](韓国メディア)

日本最大の広告代理店、電通の成田豊最高顧問(79)が韓国政府から修交勲章光化章を贈られた。30年にわたる韓日文化交流事業を積極的に後援した功労だ。

権哲賢(クォン・チョルヒョン)駐日大使が24日に駐日韓国大使館に成田顧問を招いて勲章を授与した。修交勲章光化章は国権伸長や友邦との親善など国益増進に寄与した人に授与されるもので、外国人に贈られる最高等級の勲章だ。

勲章を授与された成田顧問は、「韓国の国歌であるムクゲの花言葉は尊敬だと聞いた。互いに尊敬する心を忘れないことこそ未来の両国民を強く結びつける基本だと確信する」と感想を述べた。また「韓国は私が生まれ青少年時代を送ったところで、一度も忘れたことはない」と話した。

1929年に忠清南道天安(チュンチョンナムド・チョナン)で生まれ、中学3年を終えるまで韓国で少年期を送った成田顧問 は、鉄道業に従事する父親とともにソウルをはじめ各地で生活した。「いまでも夏には北漢山(プッカンサン)に登り、冬には漢江(ハンガン)でスケートをしたことをはっきりと覚えている」と振り返った。

成田顧問は88年のソウルオリンピックと93年の大田万博開催当時に協賛企業募集に寄与したほか、韓国が遅れて招致に乗り出した2002年のサッカー・ワールドカップと関連しても両国の友好増進に向け韓日共同開催を主導した。2005年からはソウルで毎年韓日サッカー大会を開催するなど多彩な韓日文化交流事業も主導してきた。昨年9月にソウルで開かれた韓日交流おまつりでは日本側実行委員長を務め行事を成功裏に進める実践力も誇示した。

成田顧問は本業の広告分野でも韓日協力を主導した。97年に国内の広告会社のフェニックスコミュニケーションズと共同で韓日フォーラムを開催し、国内広告業界・メディアとの連係を図った。2006年には韓日など8カ国・地域で構成されたアジア広告業協会を設立し初代会長に就任した。2007年の第4回アジア広告業協会総会の済州島(チェジュド)での開催も成田顧問が主導した。金浦(キムポ)空港と羽田空港を結ぶシャトル便の就航も成田顧問の寄与が大きく作用した。

勲章授与式後に権大使が開催したレセプションには森喜朗もと首相ら日本の著名人が多く出席した。
2009年03月25日08時53分 [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
http://japanese.joins.com/article/072/113072.html?sectcode=&servcode=
http://megalodon.jp/2011-0730-1425-48/japanese.joins.com/article/072/113072.html?sectcode=&servcode=


関連サイト

(↓自動検索による外部リンクリストです。)
  • 「電通韓流」を含む口コミが見つかりません。
  • 「電通韓国」を含む口コミが見つかりません。
  • 「電通マスゴミ」を含む口コミが見つかりません。

添付ファイル




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー