※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Мосин-Наган



第二次世界大戦に旧ソ連で開発されたボルトアクションライフル
第二次世界大戦以前のソビエト軍正式採用銃Мосин-НаганM1891
の老朽化に伴い、新型小銃の開発が進められ1930年M1891の改良型
であるM1891/30が誕生した。

M1891の問題点である帝政ロシア独自の距離単位をメートル法に変更し
銃身長を短くし取りまわしが改善された。また、狙撃用のスコープを
装着することもでき、狙撃銃としても使用できた。

しかし、機関部がM1891型と同じで、射程距離に問題があり、
寒冷地環境での金属の収縮で給弾不良が続発した。

第二次大戦後は、突撃銃の普及によりAK-47が主力小銃となったものの
高威力と命中精度を生かして狙撃銃として使われ
1960年代にドラグノフが後継となるまで第一線で使用され続けた。